QQQとVGTの比較。暴落からの戻りはQQQの方が弱い!?

株式投資
スポンサーリンク

■要約■

・QQQとVGTを比較すると、VGTの方が戻りが強そう

皆様、お疲れ様です。

私も、お疲れ様です。

ぼたん。です。

昨日はものすごい一日でしたね。

これと言ってきっかけがあったわけではなく、突然のナイアガラ。

まさに滝が流れ落ちるが如く、でした。

そんな中、いつもウォッチしているETFを確認していくと、少し気になることを見つけましたので、本日はそちらについてまとめていきます。

もしよろしければ、ご一読くださいませ!

スポンサーリンク

QQQのチャート

下記、日本時間の20時手前頃における「NASDAQ100」に連動するETF【QQQ】のチャートです。

プレマーケットでも下落が続いていますね。

3月暴落以降、日足の25MAを下値支持線として上昇を続けてきましたので、今回の下落も280ドルあたりで下げ止まってくれるのではないかと、個人的には期待しています。



VGTのチャート

下記、日本時間の20時手前頃における「MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックス」に連動するETF【VGT】のチャートです。

こちらは、プレマーケットでは下落が一服しています。

QQQと同じく、3月の暴落以降、日足の25MAを下値支持線として上昇を続けてきました。

こちらは312ドルあたりが25MAとぶつかる位置なので、可能性としてはそのあたりまで下落するかもしれません。



QQQとVGTの比較分析

言わずもがな、QQQは「NASDAQ100」に連動するETFですので、組入銘柄の比率は情報技術セクターオンリーというわけではありません。

引用:https://www.invesco.com/us/financial-products/etfs/product-detail?productId=ETF-QQQ

9月3日現在、情報技術セクターは全体の47.79%。ほぼ半数となっています。

一方で、VGTは情報技術セクターの大型、中型、小型株による詰め合わせパックなので、セクターアロケーションとしては、理論上情報技術セクター100%となります。

最後に、邪推にはなりますが、2つ仮説を立ててみたいと思います。

仮説1:ハイテク銘柄以外のリバウンドが弱い?

「プレマーケットの戻り強さ」と「セクターアロケーションの比較」から、実はハイテク銘柄の戻りが強く、それ以外のセクターの戻りが弱いのではないか、という仮説が立てられるかもしれません。

例えば、FANGMANにおいて、QQQとVGTへの組入差は下記の違いがあります。

QQQVGT今回の下落率
FB4.60%×-3.76%
APPL13.76%21.43%-8.01%
NFLX1.94%×-4.90%
GOOGL/GOOG7.3%×-5.12%
MSFT10.82%17.07%-6.19%
AMZN11.03%×-4.63%
NVDA2.68%2.99%-9.28%

、、、

下落率が高いAPPL、NVDAはどちらのETFにも組み入れられていますね。

この仮説は弱いかもしれません。

仮説2:TSLAが暴落を牽引している?

直近の相場において、TSLAはものすごい上昇を見せていました。

PERで言えば、現在でも1000倍を超えている期待値です。

TSLAのチャートがこちら。

プレマーケットでも下げ続けているのがわかります。

TSLAは、QQQには3.16%組み入れられており、VGTでは0%、つまり組み入れられていません。

下落率はこちら。

QQQVGT今回の下落率
TSLA3.16%×-9.02%

1銘柄の下落で結論を出すことはできませんが、時価総額はかなり大きい銘柄なので、QQQの強さでもあり、弱さでもあると言えるでしょう。



終わりに

何事にも、理由を見出さないと不安で仕方がないというのは、人としての性だと思います。

これほどの暴落があっても、理由が明確であれば、次の選択肢もすぐに選ぶことができます。

とはいえ、人の力で成り立つ相場と言えば、人の力ではどうにもできないのが相場です。

粛々と、自らのルールに則り、今日も相場と向き合っていきたいと思います。

それでは、明日もそこそこ頑張っていきましょう!

Constant dripping wears away the stone.

コメント