【経済ニュース】最近よく見るあの広告 ~catlog~

経済ニュース
スポンサーリンク

■要約■

・「catlog」とは、猫の行動を24時間365日把握できるテクノロジーな首輪

・日本において、ペットにかける年間支出額は、犬約30万、猫約15万

・キャッチコピーはサービスの売上を大きく左右する

皆様、お疲れ様です。

私も、お疲れ様です。

ぼたん。です。

少し気温が下がったかなと思ったら、どうやら台風が近づいているとのこと。

こうやって、季節は移り変わっていくんですね。

感慨深いものです。

本日は、最近よく見かけるインターネットのバナー広告があり、少し気になったので調べてみました。

もしよろしければ、ご一読くださいませ。

スポンサーリンク

「catlog」 最近よく見るインターネットバナー広告

最近、「catlog」というサービスの広告バナーを頻繁に見かけます。

猫の生活をテクノロジーで見守る。 Catlog_ | RABO, Inc.
Catlog®(キャトログ)は「世界中の猫と飼い主が、1秒でも長く一緒にいられるように。猫の生活をテクノロジーで見守る。」猫様専用のIoTサービスです。猫様の日々の行動を24時間365日、そして一生にわたって見守り、記録し、猫様の健康管理をサポートします。すべては、猫様のために。

白背景にかわいい猫がドーンと出てくるので、思わずクリックしてしまいました。

どうやら、「catlog」とは猫の行動をウォッチできる首輪みたいです。

首輪通じて飼い猫の行動を24時間365日ウォッチすることができ、アプリ?と連動することで日々の動きを確認できるらしい。

すごい🐈

お値段は1つ9,800円とやや高い気がしますが、大事な家族のためなら、安い買い物なのかもしれません。

私はペットを飼ったことがありませんので、そのあたりの金銭感覚に疎いのですが、ペット保険シェアNo.1のアニコム損害保険株式会社が2019年にまとめた調査によると、猫にかかる年間の支出総額は158,680円とのことなので、価値があるものであれば9,800円は手が届きそうな価格ですね。

ちなみに、犬にかかる年間の支出総額は306,801円で、猫の倍かかるみたいです。

引用:https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2019/news_0200331.html



キャッチコピーはビジネスを左右する

この「catlog」というサービスですが、どうやら株式会社RABOというベンチャー企業が開発・販売をしているようです。

ホームページはこちら。

猫の生活をテクノロジーで見守る。 Catlog_ | RABO, Inc.
すべては、猫様のために。 Catlogは、猫と飼い主の、母子手帳のようなもの。 首輪に内蔵されたデバイスが猫を見守り、日々を記録。猫をもっと、知ることができる。 いずれ、たくさんの猫データが集まったとき、すべて猫のために活用します。 世の中の猫たちが、できるだけ長く幸福な一生をおくってほしいから。 そんな願いを込めた"...

非常に強い猫愛を感じるサイトですね。

中でも、私が一番気に入ったのが、aboutページの最初に出てくるキャッチコピー?コーポレートコピー?

「すべては、猫様のために。」

すごい!わかりやすい!

仕事柄キャッチコピーをよく考えるのですが、大切なことは3つあると思っています。

①短い言葉

②簡単な言葉

③インパクトが強い(印象に残りやすい)

このコピーは3つとも満たしていますね。秀逸です。

一番のポイントは、「様」にあると思います。

「人物名+様」という組み合わせは、人物に対して敬いの気持ちが感じられます。

そして、普段であれば「様」は猫に対して用いることは稀であると言えます。

「猫様」と表現することで、いかにこの企業の中で「猫」への想いが熱いのか、一発でわかるキャッチコピーですね。

こういうコピーを見た猫の飼い主たちは、安心して企業のサービスを利用できるのではないでしょうか。



ペットビジネスの市場規模

少し脇道にそれて、ペットビジネスの市場規模について簡単にまとめたいと思います。

株式会社矢野経済研究所の調べによると、日本におけるペット関連市場の規模は年々成長傾向。2021年にはおよそ1.6兆円規模になる見込みとのことです。

引用:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2364

以前、米国株のゾエティス(ティッカー:ZTS)というペット医薬品企業を調べたことがありますが、米国においてもペット市場は年々成長している分野でした。

そして、その傾向は世界的にも同様だということだったので、「catlog」のようなテクノロジー×ペット、という分野は、未来性が高いかもしれませんね。



終わりに

そういえば、昔友人が野良猫を見つけたとき「お猫様」と言っていました。

場所が神社の境内だったこともあって、なんとなく神聖な猫に思えました。撫でようとした友人はひっかかれてましたけど。

ちなみに、どちらかというと私は犬派です。

はい、どうでもいい情報でした。

それでは、明日もそこそこ頑張っていきましょう。

Constant dripping wears away the stone.

コメント